商品

商品 · 04日 9月 2017
”染糊を竹の皮などに塗って乾燥させたものをはがして粉末にし、それをぬらした布地の上にまきちらします。その上から染料をかけると、糊の部分だけが染まらず、白い点模様ができます。また染料をまぜた色糊を使えば、反対に糊のところだけ色がつきます。″
商品 · 27日 8月 2017
最近の振袖用の袋帯は昔の柄と大きく変化してきています。お母さまの振袖で成人式をお迎えになる方はぜひ帯を変えてみませんか。
商品 · 20日 8月 2017
いよいよ成人式前撮りのシーズンがやってきました。 8月に入りその前撮りに合わせたくさんの髪飾りが到着しました。 振袖を選んだ後に最後の決め手はヘアースタイルと髪飾りの選定になりますね。 ・着物の色に合わせたり ・コーディネートした帯締めや帯揚げに合わせたり ・柄の雰囲気に合わせたり(モダン柄、古典柄)...
商品 · 02日 7月 2017
下の画像は当店で「にじゆら」手ぬぐいをお求めになり額を付け手製で前掛けをお作りになりました。前掛けなんて最近ではあまり見なくなりましたが日本人なら「お母さん」を感じてしまう一品ですね。なんかホッとします。
商品 · 15日 10月 2016
卒業式は毎年3月ですが、そろそろ卒業式用袴セット(着物+袴)の予約が始まっています。伝統のきものいしげ/石毛呉服店は新作がたくさん入荷しています。
商品 · 03日 11月 2015
▼留袖用◆訪問着用▼色無地用 価格5,400円
商品 · 01日 9月 2015
いよいよ秋になりました。前撮りシーズン到来です。髪型のイメージも具体的になってきた頃ではないでしょうか?髪飾りがたくさん揃いました。ぜひお早めにご来店ください。
商品 · 09日 5月 2015
畳の効果
今日売り場の奥に畳をひいて約8畳くらいのスペースを作りました。 この香り、子供の頃の思い出が蘇ってきますね。昔は数年に一度くらいは畳表(い草)を張り替えるのに庭先で一枚ずつ職人さんが太い針をもってたたみ床にい草を縫い付けていたもんです。 抑えるのにひじを使って抑えるもんだから職人さんの肘にはタコができていた。...
商品 · 07日 2月 2015
最近のお嬢様は昔より足の大きい方が増えています。 24センチはあたりまえで、25センチ、26センチあるいは27センチの方も増えています。 LLサイズの草履がたくさん入荷しました。 写真はその一部です。
商品 · 25日 12月 2014
江戸時代に寒い土地、津軽地方や佐渡ヶ島で地域の生活の中で生まれたという帯の織り技法です。このような寒い地方では綿の栽培が出来ず衣類といえば麻のような植物繊維でしか出来ませんでした。当時、北前船によってもたらされた木綿の古着を使って生地を裂いて織りなおして作られたのがはじまりです。糸の代わりに裂いた布で織るわけですから地厚の仕事着や夜具に使われていたのが始まりです。

さらに表示する