カテゴリ:商品説明会



商品 · 25日 12月 2014
江戸時代に寒い土地、津軽地方や佐渡ヶ島で地域の生活の中で生まれたという帯の織り技法です。このような寒い地方では綿の栽培が出来ず衣類といえば麻のような植物繊維でしか出来ませんでした。当時、北前船によってもたらされた木綿の古着を使って生地を裂いて織りなおして作られたのがはじまりです。糸の代わりに裂いた布で織るわけですから地厚の仕事着や夜具に使われていたのが始まりです。
催事 · 19日 9月 2014
京都柳三条から京町家響庵きものとバッグ展の商品説明会がありました。 もちろん催事の商品企画は毎回全力でやっていますが、今回はどちらの企画も初めての取り組みです。