· 

◆社員の更衣室を改装するのに片付けをしていたら、なっ、なんと40年も前の振袖のポスターが出てきました。

なんと私が20代前半。振袖販売に燃えていた頃(もちろん今でもその情熱は変わっていませんが)(笑)オンワード樫山の和装事業部提供の振袖(ブランド名:いついろ袖)です。

なんかとても懐かしくてブログにアップしてしまいました。

どうせなら最近振袖の傾向と比較してみようと思いエントリーいたします。

当時もいろいろな柄がありましたが今のものと比べて一概にどうのと言えませんが、なんとなく雰囲気は伝わるかも知れません。

成人式の年齢の女の子の今と昔。そして振袖の柄の傾向を見てみると・・・。

【昔の振袖】

帯締めと帯揚げにご注目ください。ピンクは薄い色。小物もかなりシンプルです。女性の化粧もシンプルです。もちろんヘアースタイルもばっちり着物向きです。もちろんこの時代はレンタル振袖はありませんでした。

 

【今の振袖】

帯締めや帯揚げは見えませんが、髪飾りは大き目。お化粧濃い目。着物派手目。女性はきれいというより可愛い系。

今時の振袖はこちらからもご覧になれます。


左の写真の時代は今のお母様方の年で言えば55歳から58歳くらい。その時代は今みたいに「可愛い」という言葉がキーワードではなく。「美しい」「きれい」という言葉がキーワードだったような気がします。また女性としてのたしなみをうるさく言われ育った世代です。

この時代の振袖に小物をセットアップし直してお母様の思い出の振袖で成人式も一考です。