· 

◆振袖コーディネートの最後の仕上げは半衿にあった。

振袖の柄選びの手順

1、振袖

2、重ね衿

3、半衿

4、袋帯

5、帯締め

6、帯揚げ

7、草履バック

8、長襦袢

お店により、いろいろな合わせ方の手順がありますが、当店はまず一番先に気に入った振袖を選んでから上の順番で品物を選んで行きます。つまり着装の手順で付属の商品を選んで行くわけですが、お嬢様の雰囲気を最大限に引き出すために吟味を絶対に外せない商品は実は3番目の半衿です。もちろん他の商品も重要ではありますが2番、3番の商品の吟味は最重要項目となります。


お顔のすぐ近くの色や柄を決めることは、実はご本人の個性を引き立たせる一番大切な部分となるからです。

半衿は昔は衿のお化粧などが着物に付いても洗って取り替えられるように白のものが多かったのですが、最近ではよりおしゃれに刺繍のあるものや色物を使うようになってきました。この半衿の選び方によってはお嬢様の雰囲気が180度も変わって来る場合がありますので、半衿選びといえども気合を入れて望みたいところです。

半衿は振袖の色や柄とお嬢様の雰囲気によってタイプがいろいろあるので吟味してください。


※画像をクリックすると大きくなります。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Yuki Heins (金曜日, 03 2月 2017 19:26)


    Does your website have a contact page? I'm having a tough time locating it but, I'd like to send you an e-mail. I've got some ideas for your blog you might be interested in hearing. Either way, great blog and I look forward to seeing it expand over time.