· 

◆絞り振袖が人気

卓球の愛ちゃんが結婚発表の時に着た総絞りの振袖はとても素敵でしたね。

この絞りは緻密に絞った「疋田鹿の子絞り」です。

その他、ゆかたなどによく使われる有松絞り・鳴海絞りなどがあります。

福原愛ちゃんの結婚発表記者会見以来、その時着用していた総絞り振袖に人気が集まり「絞り振袖」を着たいというお嬢様が増えてきています。


絞り染めのいろいろ

本来絞り染めといえば、生地に糸で細かく絞りながら柄を描き染料の中に浸して色を付け、乾いた段階で糸をほどき柄が完成させたものを絞り染めと呼んでいます。

この技法が一般に知られるようになったのは室町から安土桃山時代に絵画性を持たせて染められた「辻が花染め」は有名ですが、一度急速に廃れ消滅したこの技法を最近になって復活させたものが現代の「辻が花染め」と言われています。

そして最近使われている技法が下の写真の技法です。

もともと「絞り染め」は絞って柄を描いていた技法でしたが、下の写真は柄を染めてからその柄に沿って絞りを施してゆく技法です。別名「唐絞り」と言われていますが、先に染をするため絞り染め特有の淡い色だけでなくビビットな色まで表現できるようになりました。そして緻密な絞り技法もかなり細部の色までずれることなく絞り上げることができるようになり、さらに制作コストも安くなり現代人の趣向に合わせることが可能になりました。