· 

京都・山本工房「天目染」

国宝・油滴天目茶碗の陶肌をきものに

とき:10月10日(土)11日(日)12日(月)

ところ:石毛呉服店2階新装広間

中国宋代の名品、天目茶碗。その神秘的な漆黒の美しさを染色の世界に再現させた天目は、今日の銘木・北山杉の「挽粉」と洛北・鞍馬から湧き出る「名水」を使った京友禅の伝統的な染色技法から生まれました。上品な色彩と深い味わいの美の結晶をご覧ください。

「挽粉」に染料を吸わせることで、まるで霧が立ち込めているような濃淡が生まれます。そしてお茶席で色無地として、また顧問としてもお召しいただけます。
「挽粉」に染料を吸わせることで、まるで霧が立ち込めているような濃淡が生まれます。そしてお茶席で色無地として、また顧問としてもお召しいただけます。

伝統工芸士 山本富男来店

天目茶碗との出会いから天目染め考案に至るまでの制作秘話などを聞きながら作品知ることが出来ます。ぜひこの機会にお出かけくださいませ。

天目染の体験が出来ます。



お披露目特別価格コーナー

カシミヤ糸と絹糸を合わせて作ったシワにならない着心地本位のきもの。訪問着や色無地はとても柔らかく着やすく扱いやすいお着物です。

十二丁織とは?

話題の滝風イオンメディック体験会

滝の下の2000倍ものマイナスイオン発生器は付着・浮遊するインフルエンザウィルス対策に有効です。これからの季節は特に必要です。ぜひ体験会にお出かけください。

店舗改装完成記念の特別頒布品

天目染めの体験ご希望の方はご来場予定日時をお聞かせください。ハンカチは改装完成記念品としてご希望者に差し上げます。