着物手入れ・お直し・丸洗い・しみ抜き・工芸修正


◆常駐するきもの「アフターケア診断士」がいつでも着物のお悩みにお答えします。

きものアフターケア診断士
きものアフターケア診断士

きものは洋服と違いお持ちになる方の想いが込められた衣服です。

シミや汚れそして長くしまっておいて付いてしまったカビや黄変等でお困りになっている方。気がついたときには早めにお持ちください。いつでも丁寧に汚れを診断してどの方法でお直しすることが一番格安で有効な方法かをご提案いたします。いつでもお持ちください。


◆着物の丸洗いはすべてドライクリーニングで行います。

絹は湿気を引きつけ、摺れに弱いという特徴からきものの丸洗いは水洗ではなく、ドライクリーニングで行います。

【実験】左が水、右が溶剤です。ティッシュを水に入れるとボロボロになって元に戻りませんが、溶剤の中に入れたティッシュは、縮まず完全に元の状態に戻っています。きものの場合も同じことがいえます。ドライクリーニングでは、絞りの着物や縮緬の着物も安心してクリーニングすることが出来ます。


◆着物お直しの代表的な方法ご紹介


▼丸洗い(ドライクリーニング)

きものの場合、丸洗いは水で洗うと思う方も多いのですが、絹織物は水に濡れると縮む性格があるので必ず上のような溶液でクリーニングします。左のドラムの中に一点ずつ網の袋に入れ上からシャワー状にかけてドラムをまわし汚れを取ってゆきます。


▼衿の汚れ

衿の汚れは、着用後の汚れの中で一番多い汚れの一つです。主にファンデーションを付けてしまう場合です。すぐにお持ちになれば高い確率で直すことが出来ます。放って置くとファンデーションの中に漂白作用があるため、変色する場合もありますので細目にチェックしましょう。


▼黄変直し

汚れをそのままにしておくと、生地そのものが変化し色が変わり黄ばんだ状態を黄変といい単なる汚れではなくなります。

そうなると漂白脱色をして絵筆やエアブラシで色掛けをします。


▼洗い張り

おもに仕立て直すときに行います。本仕立てのきものを解き、洗剤を用いて水洗いをし汚れを落とすきものの伝統的な洗濯法です。

写真は洗剤とブラシで汚れを落としているところ。


▼工芸修正

地色がカビたり、ヤケたりした部分に柄を載せたり、箔を掛けてヤケを目立たせなくする技術です。古いけれど思い出に残る着物を蘇らせたりするときにこの方法を使います。高度な技術を持った職人の技となります。


◆一般的なメンテナンスは丸洗いが基本となります。

丸洗い料金(税別)
▼振袖・留袖 8,000円
訪問着・付け下げ・小紋・色無地 7,000円
単衣きもの・絽きもの 6,000円
長襦袢 5,000円
黒紋付 7,000円
浴衣 3,000円
コート 6,000円
名古屋帯・袋帯 5,000円

自分ではわからない着物の汚れも迷っていないですぐにご相談ください。汚れの対応の”キーワード”は「急げ!」です。

ご相談・お見積無料!お気軽にお持ちください。