着物の汚れ以外の染め替えや工芸修正など


経験豊富なきものドクターが悩みを解決!


▼こんなお悩みの方

・祖母の着物が大切だから、地色を変えて自分で着てみたい。

・私が買った着物だけれど、娘に「お母さんのこの着物大好き」だと言われ娘用にちょっと今風に加工をして着せたい。

・子育てに忙しかった頃に良く着た黒絵羽織が名古屋帯に仕立て直すことも出来ます。

・母の紬の着物を色を変えて自分で着てみたい。

・大切な留袖の黒がアンコウ色になってしまった。

・喪服にいっぱい白いカビが出てしまった。どうにかしたい。


・丸洗い・地色替え・ぼかし染め・柄描き・紋直し・色かけ・かけつぎ・しみ落とし・洗い・紋替え・八掛け染め直し・サイズ直し・縫い直し・その他着物や帯のお直しなんでも承ります。


こんな風に生まれ変わりました。

Before ▼

       訪問着:before

お母様がお嫁に来るときにお持ちになったもの、当時はこんな色が流行でした。

After ▼

       訪問着:after

思い切って地色を変更、自分が着てもいいしお嫁に行ったお嬢様に着てもらっても良いということで直しました。こんなにステキになるなら早くやっておけば良かったと言うお話でした。(さらに汚れやカビまで消えている。)

 


Before ▼

       留袖:before

嫁ぐときにお持ちになった留袖、昔は出来るだけ豪華に派手にと言う柄付け。まだまだ婚礼はあるし、先日嫁いだ娘に作らなかったから・・・。

After ▼

        留袖:after

やっぱり思ったとおりに出来ました。今の時代に合ってます。品よく、格調高く、しとやかに、これなら娘も喜んで着てくれそう。そのままだったらきっと埋もれてしまったかも。(さらに汚れやカビまで消えている。)


Before ▼

       色絵羽織:before
昔は入学卒業式にはほとんどのお母様方は黒絵羽織をお召しになり参列しました。これはその色ものバージョンの羽織です。

After ▼

        色絵羽:after
なんと絵羽織が名古屋帯になるのもビックリですが、こんなシックな色になって唐子人形もそのまま残りました。(さらに汚れやカビまで消えている。)


Before ▼

       袋帯:before
昔は袋帯というとほとんどがこのような光沢のある帯で付下げや訪問着に合わせて着ていました。

After ▼

        袋帯:after

そしてこのようにシックで落ち着いた雰囲気の帯に変身です。(さらに汚れやカビまで消えている。)